巨大蹄鉄発見!

f:id:horseback:20180204182343j:plain

所要があって隣の市へ行ったら、公園の入り口に巨大な蹄鉄のモニュメントがあったので、早速写真に撮ってきた。

馬に乗っている人間の特徴なのかもしれないが、馬関係の物品を目にすると、どうしても写真撮影したくなる。

昨年の夏以降、ようやく人生運が好転してきたように思われるので、引き続き今年も良い年になる事を願っている。

念願のブルーリボン

先日、千葉県富里市で開催された競技会において、やっと念願のブルーリボンをゲットする事ができた。

今までエントリーした競技会で獲得したリボンの色はイエローが最高だったが、今回初めてそれを上回る事ができた。

同時に自分の弱点や課題も明確になり、これからは普段のレッスンを通してそれらを克服していく必要性を痛感している。

特にメンタル面の脆弱性は自分自身で補強しなければならないので、競技会の場合には技術的な問題よりも重要な要素になるものと思われる。

病院と競技会場の往復

5ヶ月近いホッタラカシの後、久々のブログ更新。

今年に入ってからブログ2回目というのは、自分の横着な性格を証明しているような感じ。

先日、千葉県富里市で開催された馬術大会に出場したのだが、開催初日に自分の家族が急遽入院する事になり、大慌て・・・

自分のエントリー時間に間に合うかどうか心配だったが、何とか時間前に会場に到着し、演技終了後、再び病院へ直行するという慌しさ。

翌日、所属クラブから連絡があり、白リボンをゲットした事が判明。

自分の人生の中で病院と競技会場を往復した事は今まで無かったし、もちろん今後も無い事を祈る。

馬蹄絵馬とオーナメント

f:id:horseback:20170221200702j:plain

先日、自分の騎乗姿を模した特注品のオーナメントが届いたので、さっそく飾ってみた。馬匹姿は勿論、自分の姿も細部に至るまで丁寧に作られているので、とても飾り甲斐がある。

このオーナメント自体は自分の騎乗姿を記念に残すために発注したものだが、どういう訳か自然に神仏の近くに置きたくなった。そこで勝馬神社の馬蹄絵馬と並べて記念撮影。

勝馬神社への参拝客は競馬関係の人達が多いという話だが、一般の乗馬クラブには競馬を引退した馬達が多くいるので、乗馬クラブ関係者に対しても「おそらく御利益は同じ程度あるだろう」と推測している。

1年を振り返って・・・

f:id:horseback:20161222193832j:plain

今年は年初の祈祷外乗から始まったので、良い年になるかと思っていたが、まったく逆で稀に見る厭年になってしまった。

普段乗っている馬が怪我をしてしまったため、競技会に出られず馬蹄星ゼッケンも出番なし。 代わりに練習馬で調整する日々が続き、モチベーションも下がってしまった。

馬だけでなく自分自身にも不運が重なって、どう考えても今年は良い年だったとは思われない。

来年こそは、と願うものの果たしてどうなる事やら・・・

馬友との会話

先日、クラブで久々に同期の馬友と遭遇した。

マスクをしていたので、どうしたのか尋ねると「風邪をひいたので、今日は騎乗しないで帰る」という事だった。話を聞くと2ヶ月間ほど休会していたらしく、今月から復帰したものの、すぐに体調を崩してしまったらしい。

久しぶりに会ったので様々な話をしたが、お互いの話題も初心者の頃とは明らかに異なってきている。乗馬クラブに入会したばかりの頃は「5級のライセンスカードを受け取った」とか「自分で馬装ができるようになった」等が話の中心だったが、今では「フライングチェンジが上手くいった」とか「競技会に出て〇位に入賞した」等々、やはり歳月の経過を感じざるを得ない。

そして別れ際、お互い健康に気を付けながら「これからも乗馬を続けていこう」という事を確認し合った。

迷った末の寄付金

日本馬術連盟から毎月送られてくる馬術情報の中に「リオ・オリンピック馬術選手団への寄付金のお願い」というのがある。

今まで「どうしようか・・・?」と迷っていたのだが、やはり思い切って寄付をすることにした。

馬連に会員登録をしている以上、一応「寄付をするのが適当」という判断に至った訳だが、たったこれだけの事を決めるのに数ヶ月もかかっているのだから、率直に言って自分でも呆れる。

しかし経緯はともかく、自分の気持ちとして「寄付をさせて頂きます」という心境になったのだから、まぁいいか・・・