偶然の反対駈歩

いつものように常歩から始めて軽速歩、そして手前変換をして内方姿勢や外方姿勢などの準備運動をしたあと駈歩に入った。

何回か駈歩を繰り返して輪乗りで駈歩を始めた時、なんだか振動がおかしい・・・と思ったら反対駈歩になっていた。自分ではいつもと同じように扶助を出したつもりなのだが、馬の反応がいつもとは違う感じ。

指導員も不思議そうな顔をして黙って見ているだけで、何も言わない。原因を尋ねたところ、他の馬では時々反対駈歩になる事はあるが「この馬では初めて」だと言う。

昨日の午後はかなり暖かかった。季節の変わり目を感じて、馬の気分も普段とは違っていたのだろうか?